2018年12月12日 -
タグ: ,    No Comments

Amazonからの荷物が届かない

Amazonのサイト上では12月4日に届くはずの荷物が未着のまま。
急ぐ買い物でもなかったが、1週間も経過すると心配になる。
まず、Amazonのカスタマーセンターに問い合わせた。

・12月11日
最近はweb上から電話番号を入力すると、自宅に架電してくれる。
朝の9時前だったが、即座に電話が来た。

「未達の旨を伝えると、業者さんに問い合わせます」とのメールが届いた。
以降、連絡ナシ。
荷物は届かない。

・12月12日
もう1回Amazonに電話をお願いする。
若い女性が対応してくれたが、昨日の方と同じ事を言うばかり。
業者に連絡します → メールを送るだけらしい。

その後、彼女が言うには。
「未達の荷物でAmazon販売の商品はキャンセルして再発送ok。それ以外は返金するので再注文を宜しく」
#全て簡易意訳です。

これでは同じ状況に再び陥ったら、荷物は何時になっても入手できないんでは?

ラチがあかないので、私から電話をする旨を伝え、デリバリープロバイダの番号を教えてもらう。
勿論、Amazonのお嬢さんにも業者さんへの架電をお願いする。

デリバリープロバイダさんの問合せフリーダイヤルは、0120-130-661 です。

ここでカスタマーセンターとの電話は終わり。
デリバリープロバイダに問合せ開始。
5分間は話し中だったが、何とか繋がった。

結論としては、荷物が多すぎて回り切れていないだけ。
確実に在宅している時間を伝え、「なるべく早めに」と丁寧にお願いしたら、12日夜間に到着。

宅配の皆さんが大変なのは分かるのだけど、Amazonにフィードバック&購入済み画面上で分かるように記載してくれると助かる。
#配送ステータスの所では、出荷→配送しか分からなかった。
#せめて「配送中」と書いてくれれば嬉しい。

#ヤマトさんの画面では、最寄りの営業所まで来ている事がネットで分かる。
#問合せもしやすい。

なお、Amazonの女性対応社は「お電話しましたが繋がりません。メールで催促しました」との連絡が。
このメールを最後に、Amazonからは遅延しているとも、荷物が神奈川(私は神奈川県民)まで来てるかどうかも分からなかった。
追加の連絡が皆無ってのも疑問に思う。

最終的に入手出来たから良かったものの、未達の場合は自力の電凸が必要なんだなと思った。

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!