2020年7月18日 - 何かと    No Comments

こまごめ通信さんが素晴らしい

父が転勤族だった関係で一ヶ所に長く住む事が有りませんでした。
とはいえ、現在の住いに落ち着いて10年以上が経過し。
多分、このまま横浜南部に住み続けるかと思います。

1人も知り合いが居ない場所に越してきて。
少しずつ親しみやすいお店や顔見知りも増えてきましたので、近場で寛げる場所をもっと発掘したいと思っていました。

そう思っている時に「こまごめ通信さん」の存在を知りました。
長年お住いの方も、新しく来られた方々も共に駒込を盛り上げようとしてらっしゃるのが素敵です。
バックナンバーも楽しく拝読させていただきました👍

こまごめ通信さんのサイトはこちらです。
http://steep.sakura.ne.jp/komagome/

降りた事が無い駅として駒込は上位に位置するらしいのですが…。
史学科出身なので、東洋文庫さんに赴く際に別学科の知人に駒込駅で遭遇しましたw

都内はご縁も少ないので行く事も少ないのですが。
それぞれの住民各位が盛り上がっていく事は、本当に応援したいです。

2020年6月12日 - 何かと    No Comments

マンゴーの栽培に挑戦

中華街の業務スーパーでマンゴーが298円で置いてあった。
主人が好きなので、1つ買い求めてお弁当のお供に。

種が残ったので、どうにか木が生やせないかと検索。

検索結果と、私も育ててみようと思ったので覚書きです。

https://tanegomi.com/archives/355
#種から始めるマンゴー栽培 | 種はゴミじゃない|キッチンから始めるリサイクル菜園さん

https://ascii.jp/elem/000/001/212/1212086/
#ASCII.jp:食べたマンゴーの種を植えてみましたさん

https://ameblo.jp/harryghana/entry-12377069362.html
#マンゴー水栽培に挑戦! | ガーナで花を咲かせましょう。さん

渋皮を剥いたら、中から種が出てきた事にびっくりしました👀
今は瓶の中に半分顔をのぞかせた種を置いています。
発芽しますように。

2020年6月1日 - 何かと    No Comments

今さらながらにポモドーロ・テクニックを試す。

そろそろ平常運行に戻らなきゃヤバいけれど、自粛期間でだらけまくっていた。
こんな感じの焦っている期間に「ポモドーロ・テクニック」を知り。
少しだけ試してみる事にしました。

ポモドーロ・テクニックとは、

ソフトウェア開発者からCEOまで、世界中から支持を集める「25分+5分」の時間管理術は、30年以上前にイタリア人大学生が考案した。その生みの親による初の公式本が、いよいよ日本に上陸する

こんな感じの考え方のようです。

子どもの頃から集中力がなく。
読書中に呼びかけられても常に対応出来た人生を歩んできたので、生産性を持ち合わせずに生まれてしまった。
弓道も1級まで両親に習わせてもらいましたが、思うに集中力を養わせたかったのかも知れません。

検索を掛けて、幾つかアプリを試してみたいと思います。
時間を忘れて没頭する体験は、多分今後も出来ないかと思いますが…。
少しなりとも時間の使い方が上手くなりたいものです。

以下は、ポモドーロ・テクニックのアプリを試してくださった方々の記事です。
参考になり、纏めてくださった事に感謝ばかりです。

https://yamaimo.hatenablog.jp/entry/2016/02/02/200000
#ポモドーロタイマーアプリをいろいろ試してみた。 – いものやま。さん

http://pomodoro-timer.net/howtouse_ja.php
#初めて来た方へ(このサイトの使い方) | Pomodoro timerさん

2020年5月22日 - 何かと    No Comments

改めて震災に備える

新型コロナ肺炎で在宅時間が圧倒的に増加しました。
なので、これまでに保存したデータや切り抜きなどをせっせと片づけている。

謎の出力紙の中に、東日本大震災?についてのサイトを印刷したものが出てきました。
web archiveで検索しても出てきませんし。
Yahoo!のジオシティーズは既にサービスが終っています。

著作権に抵触するかと心配ですが、印刷したものから書き起こした文章を掲載します。
もし、問題が発生した場合にはコメントからご連絡を頂けますようお願い申し上げます。

全てでは有りませんが、書き起こしココカラ—-
~必要携帯品~
震源ど真ん中専用

正直、震度7クラスの地震が来てる真っ只中に 必要な備品を全て持ち出せる可能性は限りなく0に近い。
少なくとも娯楽用品を持ち出すなど愚の骨頂である。 ーーんな余裕があったら食料一食分増やしてお隣さんに分けましょう。

枕もとのリュックサックに
■安全靴(底に鉄板が入っているもの
■液体状食料(ウィダーinゼリー等)*3
■ミネラルウォーター500ml
■チョコナッツバー*3(スニッカーズみたいな奴)
■携帯ラジオ(懐中電灯とセットになっているもの
■現金(1万札*10,千札*10,100円玉*10,10円玉*10
口カリ梅*1粒
■十徳ナイフ
■皮手袋
口ライター
口ボールペン
■笛-良く音の出るもの

これだけ詰める。 無駄に重いと帰って脱出の妨げになる。

口丈夫な紐-10M前後
■消毒薬-少量
■愛と夢と希望
■布(包帯)*10巻(手で切れるもの)
口預貯金通帳、印鑑、カード等
口健康保険証、免許証、パスポート
口保険証券、契約書、株券

■いつでもどこでも持っていたい物(計¥250)
・笛!! (¥100、生存確率が大きく違ってきます。)
・メディカルカード(¥O、名刺のウラにでも書いとけ。既往症、アレルギー、血液型等書いた物)
・飲料水 (1150、500ml以下のペットボトル)
・ライター(¥50) ・小タオル(¥100)
・現金・携帯

■非常持ち出しリュック(計¥3328)
・リュック(¥980)
・貴重品(現金・通帳・印鑑・権利証等)
・飲料水 (¥150、500ml以下のペットボトル、2本持つなら甘いorポカリ系もか。)
・食糧(乾パン¥198×1、缶詰¥100×3)
・懐中電灯(¥100) ・予備電池(¥100、マンガン8個パック)
・携帯AMラジオ(¥100) ・イヤホン(¥100)
・薬類(常備薬、消毒用アルコール、100、包帯 ¥100×2、絆創膏 ¥100)
・衣類(各2:パンツ、靴下、Tシャツ 防寒用トレーナー×1)
・タオル(¥100×3) ・缶切り(¥100)
・ポリ袋(¥100) ・チリ紙(¥100)
・歯磨きセット(¥100) ・小ナイフ(100)
☆折ると光る棒(夜店で売ってるヤツ 3本で¥100)
■室内に置いておく物(計¥2680)
・ヘルメット。(ホームセンターで工事用のが¥980)
・室内破損ガラス避け用スリッパ(¥100)
・ドアこじ開け用のバール(¥100)
・二階以上の人は、縄ばしごまたは避難用ロープ。(一階の高さは約2.5m。30mでも ¥1500くらい)

■出来ればあると良い物(オレは車中に置いた。 テント以外計¥5370 + テント ¥10000)
☆包帯 (もっと追加した方がよいかも¥100×3)
☆3日~一週間分の飲料水と食料(¥2000)
・ウェットティッシュ(¥100) ・ローソク(-¥100)
・マスク(¥50) | ・軍手(120)
・カリ梅(¥100 疲労回復) ・油性マジック。避難状況や連絡先を書くため。(¥100)
・テント、寝袋(110000) ・毛布類(11000)
・ロープ(20m、800kg、11300)
・石鹸(¥100) ・電池式携帯充電器(¥100) ・予備の着替え ・ブルーシート(¥100)
高々3千円ちょっとで最低限の準備が出来る。
東海~東京での大地震は2006年までにほぼ確実に起こるんだから、この機会に用意しとけ。

■は生き残るためには確実に必要
特に笛と包帯は絶対に持つこと。 生き埋めになった場合は笛、怪我をした場合は大量の包帯が生死を分ける。 包帯は怪我の応急処置から排便後に尻を拭くまで、あらゆる面で非常に役に立つ。
非常食としてチョコナッツバーは非常に優秀。
■女性は生理用品を用意しておくこと
すぐに対処できるよう、用意しておきましょう。 できれば誰かにわけてあげられるよう、多めに用意するといいかもしれません。
また、おりものシートを用意すると下着の替えが少なくて済みます。 下着を用意しなくても、シートだけはあるといいかもしれません。

予知能力で絶対に地震が起きると思った香具師は
ヘルメットかぶって寝る。 食事なんか1日だけ耐えれば配給がくる。 つーか何があっても俺が駆ける。もちろん新しい弁当だ。
ナイフと紐、ライターに懐中電灯はとにかく役に立つ。 食料は1人あたりだから家族がいる香具師は増やしてくれ。 2人ならウィダー*6,チョコナッツバー*6,水1リットル、カリ梅*2粒
もまえら、全力で生き残ってくれ。
一カ月後も罵倒しあおう。
他の方の準備例はこちら
—- ocrを使った書起しはココマデ
誤字・脱字はご容赦ください。

2020年に改めて震災に対する備えについて検索しましたら。
下記のページがヒットしましたので、掲載させていただきます。

https://note.com/satonao310/n/nf4c847f2a630
#大地震が起こる前に、これだけはしておけ!|さとなお(佐藤尚之)|noteさん

https://kinarino.jp/cat6-ライフスタイル/37664-「防災グッズ」おすすめ25選。本当に必要なもの+失敗しない選び方
#「防災グッズ」おすすめ25選。本当に必要なもの+失敗しない選び方 | キナリノさん

https://matome.naver.jp/odai/2142504911293016601
#被災地の知人から聞いた、避難所生活で本当に必要な防災グッズ – NAVER まとめさん

2020年5月19日 - 何かと    No Comments

お薬手帳を移行する - 2020年android@oleo

忘れ物が多いので、お薬手帳はスマホのアプリを使っていた。
荷物も減らせるし、自分としては良い選択をしていると思っていたが、思わぬ陥穽が。

アプリとosの不整合で使えなくなるのは理解出来るのだが、いきなり 「別組織に登録してください」というリクエストが出てくるとは思わなかった。
この事態が何故に発生したのかは分からないのですが、あれこれと登録情報を増やすのは何となくイヤなので。
アプリを別のものにして、お薬のデータを移行させる事にした。

これまで使っていたのは、「eお薬手帳」です。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nichiyaku.okusuri&hl=ja

リンク先にも「何故にdアカウントが必要になるのか?」との疑問の声が記載されている。
非常に同感。
QRコードも読めなくなっていたので、長い間お世話になったのだが使う気が失せてしまった。

よってエクスポート機能から.txtデータを書き出し。
ホッペクラブ」というアプリに読み込ませて移行した。

1点だけ作業の足かせとなったのが、旧アプリから吐き出した.txtデータは暗号化して圧縮せねばならず。
展開するには新たな解凍アプリ「rar」をandroidに追加しなきゃいけなかったことでしょうか。

rarというアプリが無料で使えて、大いに助かった事も記載いたします。

ここまで大胆に使い勝手が悪くなったアプリも、私にとってはレアな経験でした。

固定ページ:1234567...59»