羊の魅惑的な煮込み@casacoさん

Posted on 土曜日, 12月 9th, 2017 at 23:53

お隣の西区にcasacoさんという留学生受け入れや地域の方々に開かれた集会所的施設があります。

https://casaco.jp
#CASACO(カサコ)|CASACOは子ども、地域、旅人、多世代多国籍の方々が集う場所です

たまたまTwitterでアゼルバイジャンの方が羊のお尻肉を披露してくださると言うイベントを目にした。
主人も私もラム肉は好きなので、是非お伺いさせていただくことに。

日ノ出町の駅から階段を上って。
この辺りは山坂が急なので、食前の良い運動になったと思います(笑

到着後に受付をすまし。
テーブルの上に並べられたすりこ木(現地では呼び名が異なるかも知れませんが…)やサラダ等に見入る。

丼にスープをあけて、ナン的パンをつけて頂きます。
この時はザクロワインを振舞っていただいたり。
中央アジアのダンスも見せてくださったりと、充実した時間になりました事に心から御礼申し上げます🙇🏻

ただ、料理をご担当されたアゼルバイジャンのアゼルさんが、お国で大変な時期を過ごされたのでは無いかと心配になってしまった事も事実です。
彼がどこの都市に住まわれていたかを失念してしまったのですが、アゼルバイジャンと言えば「ナゴルノ・カラバフ紛争」が脳裏を過ります。
私はボンヤリ日本で育ったので、民族紛争は教科書やニュースでしか知る事ができません。
地理的に様々な民族が混在していると、問題解決が難しくなるのだな…と思いました。

記憶力に自信皆無ですので。
12月9日に同席してあっただろう方々のブログも合わせて掲載させていただきます。
丁寧な描写に大感謝をm(_”_)m

http://uzbekdance.blog.fc2.com/blog-entry-293.html
#12/9羊のお尻会@CASACO(横浜) 〜羊飼いの夜〜 – スマフォ版  中央アジア・シルクロードの舞 ANYAさん

http://zaikabou.hatenablog.com/entries/2017/12/9
#野毛『CASACO』で、羊のお尻会 | 日毎に敵と懶惰に戦うさん

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply