タジキスタン大使館に行ってきました。

Posted on 水曜日, 10月 30th, 2019 at 22:43

おいしい中央アジア協会さんのイベントに行ってきました。
カザフスタンの大使館は初めてです。
大使館内はこんな感じ。

大使はじめスタッフの皆さまによって、すっごく準備が施されてました。


大使のご挨拶が有り。

クルトのご説明が。

右側が固形で、左側が溶かしたもの(これがメインのクルトブに使われます)。

これがクルトブに使われるウォールナッツのお皿です。
1皿を木から切り出して使うそう。

このパンを使います。

溶かしたクルトを注ぎ。
木皿なので、溶かしクルトが吸収されたら、再度注ぎます。

ちぎったパンを入れ。

その上に溶かしバター(だったかな?)を注ぎ。

青菜関係を乗せ。手で頂きます。

その他、揚げパン的なお八つも出していただきました。
下ろし金っぽいもので模様を付けていた事が印象的です。
伺ったら、カザフではもっと大きな下ろし金的なもので模様を付けているそう。

その他、大使は音楽に長けていらっしゃるので、太鼓のお話を伺ったり。
ご家族が理系だったり。
通訳の若い子がイケメンだった事が記憶に残ってます(笑

以下、画像は料理関係とタジキスタン関係の切り抜きです。
クルトブは冬場に作る時はトマトがないので、果物を乗せたりするそうです。
今回のハーブ類は、パクチー・青葱・胡瓜・トマトでした。



You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply